top of page

ピコトーニング後の注意点


《ピコトーニングについて》

ピコレーザーを肌に照射し、メラニン色素を徐々に分解し、排出させることでシミやくすみを薄くする効果が期待できます。

レーザー施術を受けたシミは体内で吸収されるか、ターンオーバーと共に体外に排出されていきます。

そのため、シミの排出過程で一時的にシミが濃くなることがあります。


《532nm波長の使用について》

※お肌の浅いところに届く波長を使用するためシミの排出過程で一時的にシミが濃くなります。

※肝斑や肌質によっては照射できません。

※初回からの施術はできません。

※1ヶ月〜1ヶ月半は期間を空けて行います。肌代謝の悪い方は更に期間を空けていただきます。

※照射の実施判断やペースについてはこちらで判断いたします。(ご希望はお受け致しかねます)



1.施術後は、肌が紫外線によるダメージを受けやすい状態になっておりますので、必ず日焼け止めをご使用ください。

2.シミは洗顔やメイクの際に過度な摩擦の刺激が加わると悪化することもあります。 お肌を擦らないようご注意ください。

3.一時的に乾燥しやすくなるので十分に保湿を行ってください。

4.入浴やお化粧は当日より可能です。

5.他のレーザー治療などの予定がある方は約1ヵ月程度あけてから治療を受けることをお勧めいたします。

6.2〜3週間に1回治療を受けていただくことでより効果を実感しやすくなります。



閲覧数:618回0件のコメント

Comentarios


bottom of page